DQ置場

DQ置場

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章・紋章を継ぐ者達へ 時系列考察 天地創造編

天地創造編とは、紋継で語られる天地創造~神器の成り立ちに関する時代です。

スクウェア・エニックス YG ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章~紋章を継ぐ者達へ~  26巻248話P56

 

f:id:sasabune_DQ:20210902154514p:plain

 

天空界には神・天空人・竜神族がいますが地上にはまだ生命がいない時代です。天地創造により命が造られていく所から始まります。天空人・ヤンバル族・ウェディ族によって神器システムが構築されていく時代です。

 

天地創造の時代は主に大賢者ナギ、三大精霊、古文書、ヤンバル族によって語られています。同じイベントでも立場によって受け取り方が異なる所が面白い時代です。

 

神器や呪文に関しては別記事を参照下さい。 

 

【呪文や神器などについて】

ssbn-dq.hatenablog.jp

  

断片的に語られるイベントを時系列で並べていきます。

 

  

ネタバレを含むのでご注意下さい

ロト紋シリーズ全作品はマンガUP!などのアプリでも読む事ができます

  

magazine.jp.square-enix.com

  

 

時系列・出来事を把握しやすくするため表を使用しています

スマホでご覧の場合はブラウザをPC表示にして

横幅の表示を増やすと見やすくなります

 

  

1.天地創造

 

内容 出典話数

天空には3つの種族、神、天空人、竜神族がいた

紋継253話三精霊の話

炎・潮・雷は最古の上級精霊

紋継282話

神によって原初の三精霊

オウエン、シュライ、ソウカが生み出される

自然の力を高め混じ、世界を命で満たすため地表に使わされる

やがて海と空に生命が溢れていく

 

*神=大賢者ナギ

紋継253話三精霊の話

昔々太古の昔、人がまだ人でなかった頃

世界は天変地異が続いていた

オウエン、シュライ、ソウカ

三大精霊が我が物顔で猛威を奮っていた

地上で生き物が平和に生きていける場所は皆無だった

紋継248話古文書

  

紋継26巻253話三精霊の話で詳しく天地創造の様子がわかるようになります。

三大精霊が一生懸命大地を造ったのに古文書では悪者になっているという…畏怖を通り越している気がします。 

スクウェア・エニックス YG ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章~紋章を継ぐ者達へ~  20巻203話P143

スクウェア・エニックス YG ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章~紋章を継ぐ者達へ~  25巻240話P55

ダブラの聖域に保管されていた古文書

賢者として覚醒したベゼルが呪文により修復しハクラクが解読を進めていた

この古文書がいつの時代に誰によって書かれた物なのかは明かされていない

 

 

スクウェア・エニックス YG ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章~紋章を継ぐ者達へ~  26巻253話P183

三大精霊の見解

古文書では好き勝手に傲慢にしていたように見える三大精霊だが

実際はナギの命に従い仕事に励んでいただけだった

 

  

2.天地創造

 

内容 出典話数

ヤンバル族が現れる

ヤンバル族は神器が生まれるずっと前から生きており

神器はもとより精霊達のことも知っている

紋継248話ヤンバル族

直接精霊と繋がっている種族がおり精霊の力を扱っていた

本来の呪文の形

紋継248話ヤンバル族

天空の民と魂の交感を交わしていた

天空人のように魂が繋がれば呪文が発動できる

紋継253話三精霊の話

  

ヤンバル族の出現時期がはっきりしませんが天空人が呪文を使っていた事を知っているという事でこの辺りの時期になるかと思います。

ウェディ族の出現時期も不明ですが概ねヤンバル族と同じくらいではないでしょうか?

 

天地創造後~紋継時代までのウェディ族はDQ10時代と見た目が異なります。個々により海の生物っぽさが残っています。ウェディ族の進化を表現しているのだと思われます。 

スクウェア・エニックス YG ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章~紋章を継ぐ者達へ~  27巻259話P139

紋継時代のウェディ族達

天地創造の時代の頃でも人に近いウェディ族は存在している

姿のバラつきが均一になるのは遥か未来のDQ10時代

ヤンバル族は天地創造~紋継時代でも目立った変化はない

遥か未来のDQ10時代にはプクリポ族になる?

  

 

3.三大精霊休止

 

内容 出典話数

命が満ちた事で役目を終え神が用意した神座に着く

世界を眺めているだけ、自然の秩序もそれで保たれていた

紋継253話三精霊の話

安寧の世界を作るために

大賢者・ナギによって精霊が封じられた

精霊は祠・神座に封じられた

紋継248話古文書

精霊が祠に閉じ込められ

精霊と繋がっている種族が呪文が使えなくなる

 

*精霊と繋がっている種族=天空人

紋継248話ヤンバル族

  

どの立場も概ね同じ内容ですが、ここでも古文書の悪し様がやや現れています。 

スクウェア・エニックス YG ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章~紋章を継ぐ者達へ~  26巻248話P56

 古文書のナギは悪い三大精霊を調伏した地上生物のヒーロー的に書かれているが事実とは異なる

 

 

呪文が使えなくなってしまったのが驚きです。

紋継時代でのジパングの神座は呪文を組み合わせつつ容易に発動させるための装置でした。グノン戦でのシルシル・ミシルのメガンテのように、ジパングの神座に安置されていても精霊が望めば担当外の呪文でも発動させることは可能でした(紋継26巻250話)

 

ナギの神座は精霊と同調できなくなる上、同調者のために精霊が望んで呪文を発動させる事もできなかったのでしょうか?

 

気になるのは『三大精霊の封印=呪文が使えない』の点です。神座システムに関係しない大地の精霊・シガンと同調すればシガン由来の呪文は使えたはずです。天地創造が済み大地がある状態で未だにシガンが生まれていないとは考えにくいです。

 

紋継時代では三大精霊解放でシガンが活性化していました(紋継30巻282話) 三大精霊が神座に奉じられた事で他の精霊にも影響があったのかもしれません。

スクウェア・エニックス YG ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章~紋章を継ぐ者達へ~  33巻307話P84

シルシルとミシルとソウカの会話

「今も」からシガンは天地創造の時代から存在していると推測できる

  

 

4.神器誕生

 

内容 出典話数

神座への封印から何万年後

精霊の力を引き出して利用しようと考える者が現れた

世界に3つの拠点を設け(聖域)

聖域にて精霊を納めるための器(神器)を完成させた

陰と陽の性質を持つ神座と聖域、それらの引き合う力を利用して

精霊の力を引き出すことに成功した

紋継248話古文書

天空人を筆頭にヤンバル族ウェディ族が三精霊を神器に移し

三精霊の話呪文を引き出す装置とした

紋継253話

世界中の賢者が集まって呪文が使える装置を考えた

人間でない者が人間になるほどの長い時間をかけて完成した

炎の山ダブラの賢者ヤンバル族の長も関わっている

紋継248話

神器とは命と魂を代償とした

祖たる三種族の神と交わされた盟約

盟約の消失、精霊の解放は種族の命と魂を代償とする

 

*ナギ=神

*3種族の魂と命を引き換えにナギに盟約を願っている

紋継259話ナギ

シュライを繋ぐ鎖は

太古に神の座に列する大賢者によって施された封印

紋継197話

 

神器製造 

三種族の内もともと呪文を使っていたのは天空人のみ、不便さを痛感していたのは天空人のみでした。天空人がヤンバル族・ウェディ族を巻き込んで神座・神器のシステムを構築したような気がしないでもないです。

 

神器を造ったのはナギではなく三種族。オリハルコン製の炎の神器を精錬する技術はこの時代にあったようです。神器以外にも対となる観測装置などもこの時期に合わせて製造されたのでしょうか?(神器とその対になるものは聖域で作られています(紋継15巻151話))

 

神座・神器システムの特徴として3つの神器を神座に奉じる事で精霊が持つ力を複合的に組み合わせて呪文を形成する事ができるようになります(紋継15巻151話)

例えばイオは炎・潮・雷の三種の属性を使う呪文です(紋継29巻270話)

スクウェア・エニックス YG ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章~紋章を継ぐ者達へ~  26巻248話P62

 ヤンバル族の見解

『精霊と直接つながっている種族』が曖昧だがそれ以外は正解

精霊と繋がっている種族が天空人を指すのは確定だがイメージ図には竜の姿も描かれている

この竜は竜神族なのかそれとも精霊の一種なのかはいまいち分かりにくいような...

ロト紋3巻15話で竜神族は天上界の神の一人とされている

神と同等の能力を持つとすれば精霊の力を借りる必要性は薄くなる

竜神族も呪文が使えなくなっていたかもしれないが神器には関わっていない事は確定している

  

 

スクウェア・エニックス YG ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章~紋章を継ぐ者達へ~  26巻248話P57

天空人(天使の輪付き)がウェディ族とヤンバル族に話を持ち掛ける

発案者の天空人だけではシステムのガワだけでも完成させる事はできなかったとわかる

  

 

神器システムの構築 

ナギが行ったのは神器に精霊を封印する事だけ。しかしこれがナギにしかできない上要求する内容がなかなかエグいです。

 

『盟約の消失、精霊の解放』とは基本的には神器システムの崩壊を指していたのだと思います。ナギ・三大精霊が神器システムを仕上げてやったのだからそれが損なわれたら三種族全員の命で落とし前を付けてもらうぞと。

 

紋継時代にシュライが神器から出ていた時期がありましたが、神器システムの崩壊とまではいかなかったので盟約は保たれていたのだと思います(紋継19巻197話) 神座から全ての神器が離れていた状態は崩壊ではなく停止という事でこれもセーフとされていたのではないでしょうか。

スクウェア・エニックス YG ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章~紋章を継ぐ者達へ~  27巻259話P136

 

ナギの見解

地上の子らが精霊を利用しようとするのもそれを巡って騒ぎになろうとも全ては小さな事

いずれ精霊を解放する事も予見していた

神器システムの代償は発案者の天空人だけでなく三種族全て

神器システム完成の間際には三種族が等しく関わっていたと推測できる

  

 

5.神器誕生後

 

内容 出典話数

ダブラの聖域はヤンバル族が守る事になった

 

*ダブラの聖域:ヤンバル族+人間(印)

*チュクチの聖域:海の民+ウェディ族(印)

*ウルルの聖域:天空人+天空人の末裔(印)

紋継248話ヤンバル族

ナギ曰く、神座も聖域も私の子孫が守人となる

種族を問わず印となって現れる

血の繋がりは異なっても印を持って生まれた子が守人となる

守人の本当の役目は精霊と言葉を交わす事

紋継248話ヤンバル族

神器に封じられた精霊は怒っていた

紋継248話ヤンバル族

憤りや呆れもあったが

生命の営みを見守るのは楽しくもあった

紋継253話三精霊の話

三精霊は天空の民同様

精霊と魂が繋ぐ事ができる者を探していた

勇者の血筋には一目を置いていた、

勇者を中心とする戦士達にも魂の昇華を見ていた

 

中立的立場はその血の交わりにも示される通り

種族に関わらず紡がれてきた

*意訳:勇者には様々な種族の血が混じっているが

特定の種族に肩入れすることなく 

世界の秩序のために常に中立の立場であり続けた

 

神器に入って以降同調者が現れたら

神器から解放されようと思っていた

紋継253話三精霊の話

 

神器システムのサポート

神座も聖域もナギの子孫が守ると宣言されている所が興味深いです。

 

神器誕生の際には三種族にかなりの代償を要求し突き放したようにも見えましたが、結局は神器システムの崩壊を防ぐためにナギがサポートに入っています。三種族にとって三大精霊は手に余るものでありナギの力を持って御しなければ立ち行かなくなるという事でしょうか。また三大精霊の話を聞く役目も持ち合わせ精霊側もケアしています。ナギにとっては三大精霊も三種族も可愛い我が子のような存在なのかもしれません。 

スクウェア・エニックス YG ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章~紋章を継ぐ者達へ~  26巻248話P63

ナギの印を持つ者達の図

ジパング人がいるのでムーが滅んだ後のイメージ図となっている

右から反時計回りに

天空人の末裔:ウルル

ネクロゴンド・人間:ダブラ

ジパング・人間:神座

ウェディ族(DQ10と同じ形状・水かきなしの5本指):チュクチ

人間?:?

ヤンバル族:ダブラ

ヤンバル族近くの人間らしい人物がよくわからない

『また何百年も』の真下の地図に唯一白いマークが入っている

バハラタだが特に神器には関係ない地のはず

 

 

紋継時代のダブラの聖域の守人・ハクラクの様子を見るに、印を持って生まれた子は守人の一族内に現れているように思えます。守人不在の時期はあってはならないもの、何の当てもなく世界中から探し出さなければならないような状況には陥らないようになっているのでしょう。 

スクウェア・エニックス YG ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章~紋章を継ぐ者達へ~  26巻248話P65

ネクロゴンド火山付近の村では火山の神はこの地の生まれでない人間が近づくのを嫌がるとされている

ダブラの聖域とその守人の関係を示している

 

 

神座と聖域はナギではなく三種族が作ったものなので、何事かの事態によって別の場所に設定する事はできるはずです。ただ時代が下るに従い伝承が薄れており移設の技術も失われているように思えます。

 

 

三大精霊と勇者

神器に封印された三大精霊は虎視眈々と神器の外に出る機会を伺っています(紋継26巻253話) 神器の封印中は楽しい事がありつつも嫌な事もあったんでしょうね…気の遠くなるほど長い間自由を失い、オウエン曰く木っ端=ミジンコ的な存在にいいように使われ、守人は話を聞かなくなるという…事態は悪化する一方なので嫌気が差すのも頷けます。

 

同調者として以前繋がっていた天空人ではなく新たに勇者を選んだのも面白い所です。天空人が神器に関与した事により三大精霊の中で天空人の評価はガタ落ちとなっています(紋継26巻253話) さらに天空の者・竜人族は世界のことになど関与しないものとされています(紋継30巻280話)

 

一方勇者はと言えば個々の寿命こそ短いものの、三大精霊が造った世界で暮らし一生懸命世界を守ってくれます。紋継34巻321話でこの星の死は三大精霊の死でもあると語られています。それを抜きとしても三大精霊は自身らが造った世界に強い愛着を持っているようです。世界に関心のない天空人よりも世界を想ってくれる勇者のほうが心に響いたのでしょう。自身が愛する物を共に愛し共に守る、そんな素敵な存在を勇者の血脈の先に見ていました。

スクウェア・エニックス YG ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章~紋章を継ぐ者達へ~  26巻253話P187

天空人に見切りをつけ勇者に目を付ける三大精霊

勇者もまた天空人の末裔である事を忘れてはならない…

嬉しい誤算としては勇者の血脈以外の人間にも適性が現れた事

精霊と勇者の血脈以外の人間との結び付きはDQ7の精霊の加護へと繋がるように思える

 

 

中立の立場という事であれば海王の王国も該当します(ロト紋4巻18話)海王の王国が治めるのは海底のみで天空の者・竜神族と同様に積極的に世界を守る存在とは異なるかもしれません。三大精霊の望む存在ではない事になります。

 

三大精霊が神器から解放されると同じ世界で暮らす三種族ももろとも消滅してしまうんですが(紋継27巻259話)、これに関しては感情の起伏は起こっていません。自分の造った世界と同調する契約者は大事ですがその他の事はさほど関心がないようにも受け取れます。

  

 

6.蜃気楼の塔

 

場所 内容 出典話数

蜃気楼の塔

蜃気楼の塔が造られる

 

*太古から存在する神々のアーカイブ

 この時代に作られた?

紋継303話

 

蜃気楼の塔はこのあたりの時代に造られているようです。

この時代の大賢者・ナギと未来の大賢者達との繋がりは不明ですが、蜃気楼の塔を通じて天地創造からの大賢者の記憶を知る事は可能なのかもしれません。 

スクウェア・エニックス  GCドラゴンクエストエデンの戦士たち 12巻44話P16

スクウェア・エニックス YG ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章~紋章を継ぐ者達へ~  32巻303話P183

天地創造からの大賢者の直接の記憶はないが蜃気楼の塔は神代から存在している

  

 

 

 

いくつかのナンバリングを経てアルト編へ続きます。 

 

【アルト編】

ssbn-dq.hatenablog.jp

 

 

ロト紋シリーズ考察メイン記事 】

ssbn-dq.hatenablog.jp

 

 

【参考書籍等】

ssbn-dq.hatenablog.jp

 

 

※ 紙媒体の漫画をスキャンした物を引用しています。

  冊子スキャン時特有の歪みやノイズが出ている所があります。